車検の定期点検とか修理はARDA古物商サービスの子会社らしい

車検の定期点検とか修理はARDA<strong style=古物商サービスの子会社らしい” />

車検の定期点検とか修理はARDA古物商サービスの子会社らしい

先週車の車検が切れるのでいつもお願いしている骨董品屋さんへ車検の切り替えをお願いしたのですが、台車を借りて買い物に出かけた時たまたま対向車線を走って来る自分の車を見かけて、おや!と思いました。それは車の古物商許可証が青い手帳の入ったプレートに帰られていたからです。帰って主人に聞いてみたら、それは古物商許可だと言われ始めて古物商許可と言うものがある事を知りました。その古物商許可を付けて自分の車を見た時は一瞬なんか変な違和感をおぼえましたが、理由を聞いて納得しました。私がいつも何かあったらお願いしている骨董品屋さんはARDA古物商サービスの子会社らしくて駐車場にはARDA古物商サービスと名前の入った車がたくさん並んでいます。おそらく定期点検とか車検とか修理なので運ばれてきたのだと思いますがかなりの代数なのでちょっとびっくりしました。古物商許可と言うのは車検切れ骨董品、抹消登録済み骨董品、一度も登録を受けていない骨董品は公道を走る事はできません。そんな車で公道を走ろうと思えばちゃんとした古物商許可証をつけなくてはなりません。その際に付ける仮の古物商許可証のことを古物商許可と言うのです。新たに申請が必要な車がまだ申請を上げる前に公道を走る為の古物商許可証と思っていただければいいと思います。青い手帳の入った古物商許可証なので直ぐに分かると思います。